うなぎ屋 やす川の歴史
うなぎ屋 やす川 昔写真
初代 山口照夫が鳥小屋を調理場に改造し、中古自転車で団地にうなぎを売り歩いたことから始まった、うなぎ やす川の歴史。現在の場所(牛久)に店が出来たのが昭和53年、平成22年の今年で創業30年を迎えます。
また、今年から2代目も調理場に立ち、初代から続く『愛情を持って一生懸命に作る』という思いを受け継いで新しい歴史を創っていきます。
うなぎ屋 やす川 うなぎのタイトル
うなぎ屋 やす川のうなぎ
やす川のうなぎは、他店に比べふっくら柔らかく仕上げています。うなぎを焼いた後に蒸す時間を調整することで、他店にはないふっくらとした食感を作り出します。ぜひ一度当店のうなぎを味わって下さい。
>> やす川のうなぎが出来るまで
牛久のうなぎ屋 やす川 スペース
うなぎ屋 やす川 店主の タイトル
うなぎ屋 やす川 店主
うなぎ やす川のHPへようこそ。
今年で牛久に店を出し創業30年を迎えます。同時に二代目である私が店を任されることとなりました。皆様に愛されている当店のうなぎの味を守りながら、より良いものにしていきたいと思います。
うなぎ やす川 二代目 山口 徹
牛久のうなぎ屋 やす川 スペース
© 2010 茨城県牛久市のうなぎ屋 やす川